自分で作った敏感肌

a47850d9b5cd66207893bc72ff27e20d_s

私は小さい頃から肌が弱いです。かといって、肌につけるもの全てがダメというわけではなく、たまに合わないものがある程度。中学、高校と屋外でのクラブ活動。日焼け止めは欠かせない存在でした。

とくに荒れるわけでもなく、冬場は肌が乾燥する程度でした。大学生になり、不規則なリズムの生活が続きました。朝ごはんは食べる日食べない日、バラバラ。昼ごはんの時間もバラバラ。間食には毎日お菓子。

晩御飯は食べる日もあれば食べない日も。しょっちゅう外食ですましていました。深夜帯に遊びに出かける事も増え、寝る時間も日々違い、睡眠時間もバラバラになりました。もちろん出かけているということは化粧をしたまま。

ただでさえ肌が弱い私は、肌が荒れまくりました。あるメーカーの洗顔料、化粧水、乳液をセットでこれまで使ってきていました。ある日、洗顔をした際に顔が燃えるほど熱くなりました。

目を開ける事ができず、涙も出てくるほどの痛みでした。なぜかわからず、翌日も使ってみましたが同じ事がおきました。不規則な生活で体質が変わったのか、その化粧品は全般使えなくなってしまいました。

後日皮膚科に行き、吹き出物のケア用にクスリを処方してもらい、無添加の化粧水をいただきました。それからは、病院でもらった化粧水だけをスキンケアに使うようになりました。

何ヶ月かたち、肌の荒れもましになったので元々使っていた洗顔料を使ってみましたが、また同じような症状。違うメーカーの商品など、試してみましたがもともと合わないようで、荒れる事もよくありました。

病院の先生には食生活、生活リズム全てを見直してくださいとのこと。そこから2年は病院でいただいた化粧水を使い続けました。その間、化粧は必ず落とす、お菓子ばかり食べない、当たり前のような事を意識しなおして生活を見直しました。

そろそろいけるだろうと思い、違うメーカーの化粧水や洗顔料。自分に合ったものを探してみました。百貨店の化粧品コーナーにいくと、いろんなものを試させてもらえました。

その中で自分の肌に合ったものを見つけ、やっと病院処方の化粧水を卒業しました。よっぽど自分の体に負担をかけていたんだなと思いました。肌にここまで敏感に反応してしまうとは。

もうあんな痛い思いはしたくないので、それ以来無茶苦茶な生活は絶対しないようにしています。肌は一生もの。敏感肌を自ら作ってしまった、悪化させてしまった。過去の経験から、これからのスキンケアをよく考えたいものです。